成功者の声「チャンスは逃さないことが大事」

視覚障がい1級 T.Kさん 40歳・男性

Q. 転職活動はいつから始めましたか?

A.  1月頃です。治療院で仕事をするか迷っていたのですが、出張ができないと仕事量が少ないことがわかりました。 現在は、ヘルスキーパーを採用する会社が増えているという話をきき、探し始めました。

Q. 転職活動で大変だったことは?

A. 面接になれていなかったので、自分の気持ちをうまく伝えられなかったことです。 会社でなにができるのかなかなか考えがまとまらず、面接の途中で答えられなかった経験があります。 そんな経験から、今回採用された面接では考えを伝えられたような気がして、今から考えれば手応えを感じたような気がしています。

Q. ユニバーサルハンズを知ったきっかけは?

A. 以前、どこかで名前を聞いたことがありましたが、今回お世話になった直接のきっかけは、メーリングリストでヘルスキーパーの募集という投稿を読み、さらに、友人にも勧められたことでした。 その後は、連絡・面接・内定とあっという間に決まってしまいました。

Q. ユニバーサルハンズのサービスについてどう思いましたか?

A. 事前に担当の方とお会いし、自分の状況を会社に伝えて頂いていたので、少し緊張が和らいだような気がしています。 面接にも同行して頂き、安心しました。 さらに内定後も書類の作成・会社担当者との数度にわたる話し合いなど、きめ細やかな対応だと思いました。 ただ、点字の名刺を頂ければ、もっと良かったかなと思いました。

Q. 現在働いていらっしゃる企業に決めた理由は何ですか?

A. 会社担当者が要望などをよく聞いてくださる方だと思ったからです。(入社してから、その判断が正しかったことがわかりました)

Q. 現在はどんな仕事をしていらっしゃいますか?

A. 社員の福利厚生・健康管理と労働能率増進を目的に設置されたマッサージ室でマッサージの仕事をしています。

Q. 今転職活動をされている障がい者の方へメッセージをお願いします。

A. チャンスは逃さないことが大事だと思います。 募集の話を聞いたら、応募してみるのが良いと思います。 自分が会社で何をしたいのか、何ができるのかをしっかりと伝えられるように常に考えていてください。 会社に入ってからも頑張り過ぎず、ゆとりを持って、周りが見えるような人間になってほしいと思います。