成功者の声「思い切って活動するのが大事」

下肢障がい5級 N.Hさん 51歳 女性

Q. ユニバーサルハンズを知ったきっかけは?

A. 読売新聞の障がい者求人広告をみて知りました。掲載当時は、手帳の申請中であったために、広告を切り抜いて、手帳の申請が下りるのを待っていました。

Q. ユニバーサルハンズのサービスについてどう思いましたか?

A. 手帳を取る前を含めると、1年半就職活動をしていたので、お会いする前は、正直すぐに就職は決まらないだろうと思っていました。 しかし、手帳を取得後、ユニバーサルハンズの方とお会いしましたが、その日のうちにいくつかの企業の紹介を受けて、すぐに面接まで進んでいきました。 面接は非常に不安だったのですが、ユニバーサルハンズの方が一緒に面接に同席してくれたことにより、非常にリラックスして受けることができました。

Q. 現在働いていらっしゃる企業に決めた理由は何ですか?

A. 勤務条件を配慮して頂いたことです。 下肢に障がいを持っているために、朝の通勤時間をずらすことを希望していましたが、それに対応して頂いたことが良かったです。 その他、社会保険等々の条件も良く、安心して働いていけると感じました。

Q. 現在はどんな仕事をしていらっしゃいますか?

A. まだ、勤務し始めたばかりなので、上司の書類をファイリングしたりだとか、コピーを主に行っています。 今後は、徐々に仕事内容の幅も広がっていくと思います。

Q. 今転職活動をされている障がい者の方へメッセージをお願いします。

A. 私もそうでしたが、最初は就職活動、そして就職先を決める時には、不安がつきまとうと思います。 しかし、障がいに必要な配慮を伝えたうえで、企業の選考を受けているので、周りの方が非常に親切です。 思い切って活動するのが大事だと思います。

カテゴリー: 成功者の声, 特集

キーワード: , ,